そもそもFXって何?

FXっていつ、どこでするの?

FX(外国為替)の取引が行われるところが外国為替市場といいますが、外国為替の取引には株式と同じような取引所は基本的には存在しません。24時間、いつでも、だれでも、どこでも売買ができるのです。東京、ニューヨーク、ロンドンなどで世界中の銀行で行われる通貨の取引きを市場といいます。しかし参加者の中心となって為替マーケットを大きく動かしているのは、銀行などの金融機関で、個人投資家が直接参加することはできなくなっています。この銀行や大手証券会社を中心とする外国為替市場の事をインターバンク市場といいます。 中央銀行や銀行は、土日祝は銀行が休みの為、外国為替取引も一緒にお休みとなっています。この休み以外は連続して24時間連続での取引きを行うことができます。



為替市場の盛り上がる時間帯ってあるの?


銀行間の取引きは世界の時差の違いによって世界中をぐるりと回って動いています。よって主要な外国為替市場の取引時間は日本時間の夏の場合では、東京時間は9:00から17:00、ロンドン(イギリス)時間は17:00から翌日3:00、ニューヨーク(アメリカ)時間は22:00から翌日7:00、シドニー(オーストラリア)時間は7:00から16:00、ウェリントン(ニュージーランド)時間は4:00から12:00、シンガポール(シンガポール)時間は10:00から19:00などがあげられます。 ロンドン市場の午後と、金融の中心のニューヨーク市場の午前に参加者が集中する傾向にあり、さらに経済指標や様々なニュースが飛び交う時間帯という事もあって、日本時間の20:00から深夜1:00ぐらいが一番市場が活発になるといわれています。